2016年第17回学術大会発表【毎年繰り返す犬の皮膚炎が3回で改善したケース】

2016年11月12日に第17回JPHMA学術大会で発表した
犬の症例をご紹介します。

梅雨の時期に毎年繰り返す皮膚炎が、改善した症例です。
特に犬は皮膚炎の症状が多いです。
今回のケースが、愛犬の悩める症状のお役に立てればと思います。

2016年はポスター発表と世田谷区民会館の2Fのスペースでのパワーポイント

を使った発表も行いました。
(*掲載されているすべての画像、ファイル、原稿の無断のコピー・転送・リンク等を禁じます)

ポスター前発表1

******************************************

スライド1スライド2スライド3スライド4スライド5スライド6スライド7スライド8スライド9スライド10スライド11スライド12スライド13スライド14スライド15