途中相談料金とその他相談料金規定

◎途中相談料金及びその他相談に関する規定

途中相談は、現在の相談会で相談された主訴によりおとりになったレメディーの反応と考えられる場合に、症状を緩和して好転反応を少しでも楽に乗り越えるための頓服となるレメディーを選択するための相談会になります。(相談会より2か月以内)

*お手持ちのキットからレメディーをとれる、軽度の好転反応の場合は無料でアドバイスを致します。

TBRやロビンマーフィのレパートライゼーションで、頓服のアドバイスが可能な場合 4,240円(税込み)(適用書を発行します)

・TBRやロビンマーフィのレパートライゼーションに加えて、QXマシンスキオによる測定が必要な場合:7,500円(税込み)(適用書を発行します)

緊急途中相談:11,800円(税込み):一両日中にTBRやロビンマーフィのレパートライゼーションに加えて、QXマシンスキオの測定も行い、頓服以外のレメディーも選択する場合。(適用書を発行します)

現在の主訴とは関係ない場合の相談料について

①クライアント様ご本人、またご家族やお子様、ペット(原則的に当センターのクライアント様)など、ケガや急性の感染症などのレメディーのアドバイスを行う場合(適用書はでません):2,500円(税込み)

➁適用書のレメディーを紛失、破損などで再度適用書が必要な場合:1,100円(税込み)