マテリアメディカってなに?

レメディーを健康な人々にとっていただき、現れてきた身体症状や精神症状などを

細かく書き取ったものがマテリアメディカです。

直訳すると、マテリアル(物質)のメディカル(薬効)ってことですね。

上記のように健康な人がレメディーをとると、そのレメディーが起こす症状を見ることが

できるのですが、これをレメディーによるプルービング(Proving=実証)といいます。

昔からいろいろなホメオパスがボランティアを募ってプルービングを行い、その実証結

果を記述してきたので、マテリア・メディカは何種類もあります。

プルービングについて説明すると、ほとんどの方が、「レメディーを取っても自分に必要

のないものなら何も起こらないと聞いたのに?」とおっしゃいます。

プルービングを行う場合は、少なくともレメディーを複数回リピートして行います。

ですから、30c、200cのレメディーを1回取ったくらいで、とんでもない作用が起こるなんて

心配はいりません。

若干、プルービングしてしまうようなこともなきにしもあらずですが、プルービングするという

ことは、自分の中にそのレメディーが共鳴する土壌があったからこそで、それがなければ何

も起きないのです。

私が主に使用しているのは、ロビン・マーフィー氏のマテリア・メディカです。過去に学校の

教科書として習ったフランス・バーミューラン氏のマテリア・メディカも広く浸透しています。

*実践編のレメディー名をクリックすると、簡略マテリア・メディカが参照できるものもあります。

バーミューラン氏のマテリア・メディカを元に簡単にまとめたものです。

見方は、下記のアコナイトのマテリア・メディカを参考にしてください。

_____________________________________________

*青色文字は重要な症状

ACONITUM NAPELLUS (ヨウシュトリカブト)←素材
↑ラテン語レメディー名 日本語簡略名→アコナイト 

身体のどちらに症状が出ているか→右側左側

悪化:夜、特に午前0時ごろぞっとする恐怖、ショック、冷え、乾燥した冷たい風、音楽、光、喫煙、起床、患部を下にして寝る(Ant-T、Hep、Nux-Mタバコを吸う、過熱、夏の暑さ、激しい感情、立腹

好転:戸外(外気でAlum、Mag-C、Puls、)、休息、熱い汗をかく、動作、何も覆わない

    ↑どんなことで症状が悪化・好転するかが表記されている。

精神的、総体的、身体的症状について表記されている。


精神症状:多大な恐怖、死への恐怖、パニック、時間を予言する死の予感、
過去の恐怖体験以来のパニック発作、群集、閉所恐怖

総体症状:乾燥した冷たい風にさらされたあとの疾患

   突然現れる激しい症状焼けるような痛み

   急激に起こる痛み、しびれる、ちりちり、ぴりぴりする

   のどの渇き痛みに耐えられない、極度の落ち着きのなさ

   ブランデーやウイスキー、ビール、冷たい飲み物を欲しがる

   アイスクリーム、牛乳、脂で悪化

身体症状:
 顔は赤く、熱く、紅潮して腫れているが、起き上がると死人のように
青ざめる 

    冷たい乾燥した風にあたったあとの鼻かぜ、せき、肺炎、中耳炎、
咽頭炎、眼炎 

    せきは乾燥して激しいからせきで、窒息しそう

    発汗のない激しい高熱のある気管支炎、胸膜炎、肺炎の初期。

    顔面神経痛。ショックによる尿閉。

 目のケガのNO1レメディー