LMポーテンシーってなに?

【LMポーテンシーとは?】

LMポーテンシーは、100倍希釈のCフォームのレメディーに

よって激しい悪化を繰り返す方に向き、心身におだやかに作用するポーテンシーです。

LMとは《L=50》《M=1,000》で《LM=50,000》つまり5万倍希釈法を意味しますが、

希釈方法がXフォームやCフォームとはちょっと違います。

ホメオパシーの父であるサミュエル・ハーネマン氏の最後の著書である

「オーガノン」第6版 §270の中でLMポーテンシーについて次の様に語っています。

『より強く、そして優しく作用し、これこそがより完全な方法である』

ハーネマン氏がホメオパシーのレメディーをクライアントに処方する中で長年

悩んでいた①レメディー服用後に激しく悪化する人、②複雑なマヤズムを持ち、

何度も同じ病を繰り返す、Cフォームでは治せない人 のケースがこのLM

ポーテンシーを用いることで解決されたのです。

現在、プラクティカルホメオパシーの処方では、LMポーテンシーが主流です。

私の師である由井学長は、このLMポーテンシーを用いた【Zenメソッド】の

開発者です。

【Zenメソッド】は、ハーネマンが完全なポーテンシーと謳うLMポーテンシーを

用い、抗疥癬ミネラルレメディー、マヤズムレメディー、同種のレメディーの

3種を三位一体で処方し、その方の症状を根本的にかつおだやかに癒すことが

できる画期的なメソッドです。

私のセンターでも、LMポーテンシーによる【Zenメソッド】を毎日の相談会で

クラインアント様に用いています。