第20回JPHMA学術大会発表症例「インチャの癒しと治癒力アップに有効な日本のジェモエッセンス・6つの症例~」

IMG_30162019年12月20日、21日で記念すべき20回目のコングレスが

東京の世田谷区民会館で開催されました。

今年もメインステージでの発表の機会をいただき感謝です♥

私の発表は21日の10:40~ 10分間でした。

今回は6つの症例から、ジェモエッセンスの有用性をご紹介する内容なので

10分ではおさまらず、少しオーバーしてしまいましたが・・・

6つの症例の発表したスライドと原稿は下記の通りですが、

内容をかなり省略したので、ブログのほうでレメデイー選択の詳細を追加表記して

掲載したいと思います。

スライド1

PPT1:みなさま、こんにちは!

日本ホメオパシーセンター練馬平和台片上敦子です。

 

 

 

 

スライド2PPT2:

ジェモとは、ラテン語でつぼみを意味します。

このつぼみからつくられたエッセンスを用いた療法がジェモセラピーで、日本には由井学長が作られた7つの日本の植物のエッセンスがあります。

これらジェモエッセンスが、どのように有効なのか、6つの症例からご紹介します。

 

スライド3PPT3

症例その1は、11歳女児の、軽度心理発達障害です。

心理発達検査を受け、このような指摘を受けました

しかしIQは113高く、普通級での就学は可能ですが

親としてはこのようなフラストレーション解消したい、ということでした。

 

スライド4PPT4:

相談会1回目QXマシンで、このような脳に作用する薬剤と

神経変性異常障害、などの指摘がありました

母親に聞けば、祖母が肩こり緩和に常用していた

「トランコパール」という薬を、自分も使用していたということで、

このは、多くの国で利用が中止された、危険な抗不安薬や筋弛緩剤の類でした

そこでAnx-Loraz-D(ロゼラパム)をトランコパールの排出の同種レメディーとして

スライド5PPT5メインのレメディーに、オリアンダーとクラーレを選択しました。

すると、母の頼みにもすぐに行動できたり、友達との会話や行動がスムーズになりました。

また人や物を凝視して、表情が固まる傾向なくなりました。

 

 

 

スライド6PPT6:

そして4回目に、自己否定の意識を改善する

ジェモエッセンスのチャノキを取っていただきました。

「このエッセンスを飲むと頭が整理されて、自分が言いたいことがはっきり言える」との感想はご本人からです。

物心つく頃から、「人と何か違ういう、自己否定感が払拭されて、

意欲的に取り組めるようになり、新しい人間関係にもためらいがなくなってきました。チャノキは、心理的発達に大きく役立ったと思われます。

 

スライド7

PPT7:

症例その2です。39歳女性、20歳からの過食嘔吐です

30歳前後から幼少期の言動や行動に傷ついていること実感し、

インナーチャイルドと向き合ってきましたが、再発を繰り返していました。

自分の子どもに対してやさしく接することができず悩み、

ストレスから過食と嘔吐を繰り返してしまうのです。

 

スライド8

PPT8

1回目からジェモエッセンスカキノキをお出ししました。

それは、母に人生をコントロールされてきたという思いが強く、

カキノキの特徴のように、どんなに頑張っても怒られ、甘えられない意識の葛藤が過食の原因ではないかと思ったからです。

 

 

 

スライド9

PPT9:

回を重ねるごとに、母に対するりは、

大変なときに子どもを預かってくれるのは母しかいないと、

感謝の気持ちに変化してきました。

過食をしたいという気持ちが減り、嘔吐も減ってきました。

しかし仕事と家事のストレスから、ご主人には、カッとなって怒りをぶつけてしまうと言います。

引き続きカキノキをとっていただきました。すると、甘えたくても甘えらなかった感情がゆるみ、夫へのきつい言い方を急に自覚できるようになり、穏やかな関係になりました。

 

スライド10PPT10

4回目と5回目には、過食嘔吐は1回もなし。

過食の感情の根底に、できる自分を演じていることへの

自己卑下感があったといいます。

「人より勝りたいという気もちから比べてしまい、自己嫌悪におちいってイラついていた」 という気づきには、カキノキの存在が大きかったそうです。

「自分が見えるようになった気がする」というのはご本人の感想です。

2子を妊娠され、相談会は終了しました。

 

スライド11PPT11

症例その3は、32歳女性の「パーソナリティ 境界性障害」です。

主訴の内容は、彼が3日間出張にいくだけで永遠の別れのように絶望的になり、このような症状がでることです

 

 

 

スライド12PPT12:

2回目ジェモエッセンス・キダチアロエを取るとメンタルに変化が

母に怒っている夢を3回繰り返し見たのです

母の事は大好きで、なぜ怒る夢をみたのわからない といいます。

3回目では、実家の母にのことを伝え

2人で霊能者に見てもらうと、自分を生む前に流産した子の供養をしていないことが、母へ異常な執着と依存心に関係していると言われたそうです。そこで水子供養をし、レメディーはAyahTanacとっていただきました。

 

スライド13PPT13

4回目また実家に帰省したが、いつも辛い空港での母との別れが、

すんなりでき、自分でも驚いたと言います。

また、その間に彼の浮気発覚で同姓をやめたのですが、

いつも浮気をする男性と付き合うことに悩むというので、プラチナ 取っていただきました。

すると自分が愛するより、どれだけ愛してくれるのかで、相手を選んでいたことに気付きました。

そしてだれかに依存してないと不安 な気持ちがなくなったそうです。

 

スライド14PPT14

キダチアロエの特徴に、霊的な影響からの改善とあります。

呼吸困難になるほどの絶望的だった「彼との別れ」は、

実は、根源は「母との別れ」にあることを夢が教えてくれました。

ジェモエッセンスの深い作用から自分の魂だけの問題ではなこと

気付くことができた症例ではないかと思います。

 

スライド15PPT15

次は、38歳女性の顎関節症・めまい・不安障害です。

12歳で顎関節症と診断され、痛みがひどく、口があまり開かないこと

10年間、ボトックス注射歯の食いしばりを抑えてきましたが、やめると症状がひどくなり、このような症状がでて2か月前から抗うつ剤や抗不安薬をとっています。

 

 

スライド16PPT16:

物心ついてから12歳までの間、毎日母から殴る蹴るの暴力があったこと。

さらに母が切れると包丁を持ち出し、刃が肌にふれ常に殺される恐怖があったそうです。

12歳になると、身体が大きくなり次第に虐待は減りましたが、

自分が子供を育ててみると母に対する怒りが湧いてきました。

母への恐怖と支配から、このようなレメディーを選択すると、朝の不安感が薄れ、パニックがなくなり抗不安薬がいらなくなりました。

そして幼少期に毎朝、思った

「今日母を怒らせないようにできるだろうか」という気持ちを思い出しました

 

スライド17PPT17

しかし、顎関節症はあいかわらずなので

キダチアロエにサポート心経を加えて、お出ししました。

これにより、はじめて、顎関節の痛みが少し楽になり、

口の開け閉めがしやすくなったと感じました。

さらに、顎関節症の原因となる体験を思い出しました。

寝ている自分を母が、いきなり蹴ったりなぐったりと襲ってくることがあり、

急に起こされてお風呂場で水のシャワーを浴びさせられたこともあったそうです。

いつ襲ってくるのかわからないため、常に身体にぎゅっと力を入れて、

歯をくいしばって寝ていたことに気づいたのです。

 

スライド18PPR18

しかし、これにより、緊張感、めまい、不安障害の発作が戻ってきました。

そこで、サポートATTACKをとっていただきました。

すると自分は悪い子だから罰をあたえられて当然だという

自分を罰する気持ちが強かったことに気付きました

そこでANACをとっていただくと、緊張感やめまい、不安障害が改善しました。顎関節症の改善には、時間が必要ですが、封じ込めていたインチャ

気づきにキダチアロエが役立ち、その他の症状が改善しています。

 

スライド19PPT19

次は、37女性の7歳からの手足の慢性リウマチ」です。

手首から始まったリウマチで、歩行困難になり車椅子生活。

23歳まで大学病院にかかり、多数の投薬結果、腸が弱くなり下痢をしやすい。

甲状腺の数値安定しない

手足の不自由さから、日常生活は、常に介助が必要でした。

 

スライド20PPT20

右手首の痛みが発症するころ、親の顔色をうかがい、

気をつかう子供だったことから、これまでの感情の排出に、サポートATTACKを選択しました。

すると、このような大きな気づきがありました。

母の頻繁な八つ当たりに、常にご機嫌をとってたことに気付き、胸が苦しくなった、そして自由になりたい、自分の足で立ちたいという気持ちが湧き上がってきた。心の底から自立したいという気持ちがでてきたら、リウマチの指がほどけて

芯の熱がとれてくるような感覚があったのです。

 

スライド21PPT21:

そして5回目には、母と 共依存の関係にあったことに気づき、

感謝する気持ちがでてきました。

7回目、自分の部屋の断捨離を思いたち、

片づけると、リウマチ発症時にもらった千羽鶴がでてきました。

 

 

スライド22PPT22

断捨離時のお写真です。

7歳時に、「自分一人ではこれもできない。あれもできない」という絶望した意識を断捨離で捨て、

「自分はこれもできる」という意識にシフトできたと言います。

 

 

 

スライド23PPT23

まだ、機嫌の悪い母のエネルギーを受けてしまうので、

ご本人にはジェモエッセンスのキダチアロエを。

勝気なお母さまには、カキノキを取っていただきました。

安定しなかった甲状腺の数値も正常になりました。

理学療法士のトレーニングに通い、筋力もアップ。

手も足の動きスムーズになり、掃除機も自分でかけられるようになっています。

 

スライド24PPT24

こちらは、相談会当初の手足の写真と、1年後に送られてきた

つかまり立ちの写真です。

今後は自分の足で立つこと、イコール経済的自立を目標に

頑張っている自分が面白い、と思える余裕がでてきました。

 

 

スライド25PPT25:

最後の症例は、4歳男児の「発達障害と難聴」です。

喃語の独り言が多く、意味のある発語ができない。

思うようにならないと危害を加え、暴れる。

17か月で中耳炎になった後、重度の難聴と診断。

食物アレルギー、夜叫、頭の怪我が多いというのが主訴の内容でした。

 

スライド26PPT26

出生体重が2400gと、シリカの根本体質の上に、

ワクチン連打から、シリカ、マーキュリー・ソルをメインに。

夜叫にはSTRAMを選択しました。

すると発熱、発疹、とびひといった反応があり、癇癪と暴力が減り、笑顔が増えました。

CMソングを口づさむので、聴力が上がっていると実感。

便も安定し、夜叫もなくなりました。そして、パパ、ママの言葉をはっきり言えるようになりました。

 

スライド27PPT27

4回目では、だだをこねず最後まで笑顔で遊んでいて、妹にたたかれても怒りませんでした。

ただ、夜叫の変わりに、夜中に正座してシクシク泣くようになりました。

母親に聞くと、母から「自己犠牲を美徳」と教えられて育ち、これまでの人生で「自分さえがまんすれば」という想いが強かったようです。

お二人の癒しが必要と判断し、キダチアロエを、いっしょに取ってもらいました。

すると、パパ、ママ、意外に「バナナ」が言えるようになりました。

また、言葉をまねして発音できるようになり、食物アレルギーでは、卵が食べられるようになりました。

 

スライド28PPT28:

また、家の霊障が気になるというので、チャノキを取っていただきました。

すると、夜中に泣くことはなくなり、

母の日に、花束を描いてくれたり、自分から家のお手伝いをするようになり、いい子になった、と母も祖母も驚いてます。

 

 

スライド29PPT29

難聴の病院の先生からは、彼の中には言葉がしっかり積み上げられていると言われました。

お母さまいわく、ジェモエッセンスを取ってカルマの浄化のような出来ごとが起き、家も明るくなり、その効果に驚いたとのこと。

相談会8回目では、文字を書いた紙を指で指して、

大きな声で言えるようになっています。そのDVD動画がこちらです。

 

スライド30PPT30:

これら6つの症例以外にも、日本のジェモエッセンスの効果を実感できる症例が、多数ありました。

目の見える症状の裏には、さまざまな問題が潜んでいます。

その問題解決に、野山に自生する植物のつぼみが、魂を揺さぶり、

気づきを起こさせる有効なツールになってくるのではと思います。

 

ご清聴ありがとうございました。